コラム

2017年9月19日

「ゆらぐ力」と「ゆらがない姿勢」

こんにちは。

今回は、ケアマネジャーの研修を受講した際に教えていただき、とても心に残った文章をご紹介させて頂きます。

「ゆらぐ力」と「ゆらがない姿勢」

援助者が「ゆらぎ」を経験する主な理由は、人の生活の仕方や生き方に「つねに正しい画一的な考え」が存在しないためである。人の生き方には、年齢によって、性によって、立場によって異なる側面がある。自己実現の目標や方法も、その人が生きてきた歴史によって、家族の歴史によって、あるいは生きる時代や文化によって異なる部分がある。

これは対象者も同じである。

したがって同じ障害を持つ人が複数いたとしても、それぞれの生活における障害の意味はみな同じではない。また、疾患を克服したある人の経験と、病を癒やした別の人の道筋がまったく異なることもある。つまり一人ひとりの生き方、生きる意味はみな同じではない。また、同じ一人の人でも、加齢に伴って人生の意味や課題は変化する。生き方ばかりでなく、死に方や死の意味もそれぞれに異なる。

このように、生活・人生はつねに個別的であり可変的である。

したがって、そのような生活にかかわる援助にも「つねに変わらない正しい答え」は存在しない。いかに援助すべきかの答えはつねに多様であり、そのためにどのようにかかわれば良いのかの答えが最初から明瞭であることはない。

このような意味で、社会福祉は「ゆらぎ」に直面することから出発する実践である。「ゆらぎ」を避けて通ることができない実践である。仮に「まったくゆらぐ事のない実践」「つねにゆらがない援助」があるとすれば、それはある偏った援助観や信念に固着した不健全な実践である。

尾崎 新

 

「カラーズ」は「個性」「個別性」「その人らしさ」に由来しています。

その人の人生、性格、個性、背景、人生観などなど、全てを尊重し、その人がありたいと想う生活を大切にしたいと考えています。

決して援助者が自身の考えに固着し、それをお客様に押し付けることのないように…

一人ひとり答えは違う。だから決して私たちが押し付けない。

その姿勢は常に心に刻み込んでおきたいです。

コラム一覧へ戻る

ケアプラン、在宅介護、家事代行、産前産後のケア・サポートなどのご相談やご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください。

電話による相談・お問い合わせ

03-5767-5215
受付時間 9:00~18:00(日祝休)

番号のお間違えがないようにお願いします。

メールによるお問い合わせ
資料請求
お問い合わせフォーム

必要項目を入力の上、送信してください。

株式会社カラーズ
株式会社カラーズ
〒143-0015
東京都大田区大森西6-2-2
STビル1階
ページの先頭へ戻る